英語を聞き取ることができないから、英語が話せないのか?

なんて言ったの?_英語が話せるようになりたい

聞き取りができないから、英語が話せない?

これについては、ここまで書いてきたように、「実は違うと思います!」とバッサリ否定するのは難しい要素だと思われます。

仮にこちらから話しかけることができたとしても、それに対する返事が聞き取れなければ返答できませんので、そこで会話が終わってしまいます。

リスニングを鍛えられる機会があるのであれば、どんどん鍛えていくべきだと思います。

方法はいろいろあるでしょう。

英会話教材を聞き込むとか、洋画を見るとか、聴く音楽を外国のものにするなど。

英語を学んでいく中で、比較的取り組みやすい要素だと思います。

そういった努力をしていく中で、段々と流れていく英語のフレーズの中から単語を拾うことができるようになったりしていくのは確かです。

ですが、これもやはり、「実際に会話して」、聞き取れなかったら聞き直す。

学校で習った風に言えば「Say it again,Please!」が、一番の早道であり、理解も深まる手法なのではないかと思います。

実際の会話の場で、今会話している内容を聞き直して理解する。

そしてその回答をこちらから話す。

その繰り返しほど、ヒアリング力の上達を図れるものはないのではないでしょうか。

なぜなら、教材や映画や音楽でリスニングを鍛えていくと、わかるようになるのは、その中で覚えた単語やフレーズです。

相手の口から同じ言い回しが出てきて初めて「あぁ!」と思うわけですね。

でも、そんなにいつもいつも映画や音楽のようなフレーズを日常で連呼している人がいるのかなぁ?(笑)と思うと、出会う確率が低いのではないかと思ってしまうのです。

また、流し聞きになってしまうと、そもそも覚えるまでの時間も長いですよね。

その点、会話しているその場で聞き直す。という行為は、相手に対して申し訳ない、あるいは聞き取れなくて恥ずかしい、などのマイナス感情が働くことになります。

その分プレッシャーが大きくその場ですぐに覚えられるような気がするんです。

こうやって、「なぜ自分が英語を話せないのか」を冷静に分析していくと、まずやるべきことが明確に見えてくることがわかると思います。

とにかく会話する。

会話する機会を作る。

会話する相手を見つける。

これに勝る早道はないのではないでしょうか。

会話する機会を作れるようになり、会話をし始めると、こちらから話すときにもっと語彙があったらいいのにという思いに駆られることも増えてくるでしょう。

その段階でリスニングを鍛えたり、語彙を増やしたりする勉強をし始めても遅くはありません。

リスニングや語彙を増やすトレーニングには、直接会話の他に、聞き流しができるテキストを使うのも効果的です。こちらの記事もご参照ください。